<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
愛犬とともに
d0015034_10153062.jpg


「もう あと どれくらい一緒にいられるのか わからないから」


島を離れる2日前 愛犬と一緒にお友達家族の撮影をさせていただきました

毎日のように撮影が続いていたので なかなかタイミングが合わず

ほんの少しの合間を見つけての撮影となってしまいましたが

家族の写真を残せて 本当に良かった

「忙しいので ごめんなさい」と断っていたら 

きっと ずっと そのことを 後悔したと思います

d0015034_111414.jpg


重い病気を抱え とっても辛くて痛いカラダのはずなのに

家族に心配をかけまいと 真っ直ぐに飼い主を見つめ 

d0015034_10304573.jpg
 

子供が波打ち際に向かえば 静かに見守り

おぼつかない足取りで よたよたと走りながらも 

しっかりとした眼差しで 気丈に振る舞う姿

家族から たくさんの愛情を注いでもらっていたんだね

d0015034_10575648.jpg


いっしょに 

d0015034_10581471.jpg


きれいな 夕焼け空と

d0015034_10591559.jpg


おおきな おつきさまを見たこと  忘れないよ


ワンちゃんは 私の祖母と同じ日に 天国へと旅立ちました

アルバムブックのイメージは しっかりと出来上がっています

オモイとココロを込めて 作りたいと思います
[PR]
by kailani073 | 2013-06-14 11:09 | その他の撮影
Happy!
d0015034_10462424.jpg


お仕事では「人」をテーマに撮っていますが

プライベートでも やっぱり「人」ばかり撮っています

世の中には たくさんの被写体であふれているというのに

どうしてこんなに 「人」ばかり撮るんだろう

と 自分でも呆れてしまうときがありますが

きっと 「人」それぞれが持っているシアワセ色が 大好きなんだと思います

そうやって「人」ばかり撮っていると

ときどき ふしぎなコトが起きるんです

「レンズを通して まだ 言葉を話さない赤ちゃんとおしゃべりができたり」とか


たとえば こんなかんじ


d0015034_10535720.jpg


これね ちかごろ わたしのおきにいりなの♪

みててね こうやって あそぶのよ

d0015034_1047101.jpg



キャッキャッ ほら ね! たのしそうでしょっ♪

こ〜んなことも できちゃうのよ

d0015034_10473298.jpg


Ta dah!

バ〜レリ〜〜ナ〜〜♪

こんなわたしを いつも ママが そばで ニコニコ みてくれているの

d0015034_10474863.jpg


ママの えがお かわいいでしょ

わたしも おんなじおかおで わらうのよ♪

ニコニコ♪

Happy Happy Birthday and Half Birthday! Mimo and Nimo☆
[PR]
by kailani073 | 2013-06-03 10:52 | Baby&Kids
「ito 糸」
d0015034_14145128.jpg


世界で一枚の アンティークドレス

海を越えて 遠い国から私の手元に 無事 届きました

言葉にはならない感動で 胸がいっぱいになり 涙があふれました

このドレスの名前は 「Ito 糸」

はじまりは 10年暮らした種子島で織りなされた「糸」のものがたりと 

そして その1週間後に 偶然巡り会った Atelier Itoさんの織りなすものがたりから。

d0015034_14181638.jpg


種子島とフランス ふたつの「Ito」のものがたりが 

目には見えない不思議なご縁で繋がって

海を越え 国を越え 時代を超えて織りなされ

次なる物語りを織りなす「あたらしい命」が吹き込まれ

新しい出発の「花嫁衣装」として やって来てくれました

d0015034_0554225.jpg


アンティークのお袖は 1920年代のもの

アンティークのレースたちは ひとつ ひとつに 物語りがあり

ドレスに使われる ひとつ ひとつのものたちに込められた物語りを読むように 

ひと針 ひと針 心を込めて 繋いでくださった Atelier Itoさん

メールでやり取りをはじめたとき

「一緒に夢を紡いでいきましょう!」

という彼女のとっても心強い言葉は 引越し前の私にとって

本当に嬉しくって 心強くって 新しい土地でも いろんなことに挑戦していく

勇気と希望の贈り物をいただいたような気持ちにさせてくれたのでした

Itoさんに作っていただいた 世界でたったひとつのお洋服

私にとっては 花嫁衣装 という ひとつの物語りがありますが

これから たくさんの方たちの 人生の物語りを 導いて 綴っていけたら

とってもシアワセに思います

森の妖精 海の精 というイメージで仕立てていただいたドレスと一緒に

自然の中で 一緒に踊りませんか?

あ 踊るのは ちいさな女の子に限られてしまうのですが。。。

紫陽花たちと Mini Session!

お問い合わせは こちらまで↓

mana@kaimana-mele.com

3歳から4歳の女の子用のドレスなのですが

小柄な3歳の娘には まだまだ大きくて シンデレラガールになるには

あと一年ほど待たなくてはならないようです(涙)
[PR]
by kailani073 | 2013-06-01 01:05 | Baby&Kids